英語のリズム

かっこよく英語を話すにはどうすればいいの? Take it easy, baby! 英語のリズム-シラブル(音節)-に注意するといいよ 日本語のシラブル(音節)と英語のシラブル(音節)はずいぶん違うんだよ 日本語は、子音+母音、がシラブル(音節)のベース。 例えば、人、という音はhi (子音+母音)、to(子音+母音)になってるね
もちろん「あいうえお」は母音だけ。それに「し」や「つ」は shi tsu って書くように、ローマ字の子音の数がいつも1コとは限らないけど。日本語のリズムの基本は「子音+母音」。
ここは了解!
日本語は「ん」で終わる言葉以外、a i u e o (母音)で終わるもんね。
英語のシラブル(音節)は、子音+母音+子音が基本 例えば、man は、子音+母音+子音というシラブル(音節)でできてるよ
例えば bed っていう言葉は、始めの子音は b で、終わりの子音は d (終わりのdの音までが、ひとつのかたまり。)
じゃあ、 dog だったら、始めの子音は d で、終わりの子音は g ってこと?。
そうそう。
英語のシラブル(音節)は子音が母音の前後にあるパターンが多いよ
もちろん、 it には始めの子音がないし、go には終わりの子音がない。そういう音もあるけど、英語のリズムの基本(1シラブル)は「子音+母音+子音」なんだ。
ふ〜ん。音が子音で終わるってところが、日本語と違うわね。
子音もscratchのように、たくさんくっつく時がある
こんなにたくさん子音がくっついても、1セット(1シラブル)なんだ。だから、一息でポンと発音してね。
一息?
一息っていうか、ひとつの音、っていう感じかな。次の例を見てみよう!
ドラム、と、drumのシラブル(音節)の違いを見てみよう 日本語は3回叩くのに、英語は1回
にほんごは「タ・タ・タ(♪ ♪ ♪)」なのに、
えいごは「タン!(♩ )」
そうだね。drum って、一息で言えたかな?
英単語を音節(シラブル)で区切るクイズをしてみよう flowerっていう英単語を音節(シラブル)で区切ってみよう 日本語だと、flo / wer って区切りたくなるけど
えっ、違うの?
英語では flow/er っていう音節(シラブル)にわけるよ
ええっ。
「フラ・ワー」って日本語風にいうと、平たんなリズムになるけど、英語のように「フラゥ・ア〜」で区切ると「タン・タ(♩♪)」って強弱のリズムになるの、わかる?
「フラゥ」+「ア〜」=「フラワ〜」なんだ。「ワー」の音って、うしろの音がまえの音にくっついて、できるんだね!
ow が「あぅ」って読むことは「あぅ ou ow」の回を見てね。
chocolateっていう英単語を音節(シラブル)で区切ってみると? 日本語たと、cho/co/lateという音節(シラブル)になるけど
なるよ、なるよ。
英語では choc /o / late という音節(シラブル)に分かれるんだ
ええええっ。
ちなみに、この言葉の最後の e は発音しないよ。(特にサイレントE と呼ばれるルールは、別のおまけにまとめたから見てみてね。)
choc ・ o ・ late
たしかに、「タン・タ・タン(♩ ♪ ♩)」ってリズムになってる!
でしょ?「チョ」じゃなくて choc
それに「コ」の音は、終わりの子音 c o がくっついてできてるのがわかるよね。
なるほど〜。英語のリズムって、こうなってたのかぁ。
英語は、子音+母音+子音っていうのが、基本のシラブル(音節)なんだね
これから英語を辞書で調べるときには、どんな音でできてるか、音節(シラブル)もちょっと見てみてね。特に日本語にはない、終わりの子音に気をつけると、英語のリズムがぐんとよくなるよ!
わたしはラップでもうたえそう!
まぁラップは難しいかもしれないけど、英語の歌を覚えるのもおすすめだよ。
は〜い。(でも音痴)