おー or au aw

“orが「おー」なのはわかる。でもauとawはどうなのよ。” “auとawが「おー」で、ouとowが「あぅ」なのは、おかしいでしょ!” “そういう時はお手上げの絵文字が便利。”
ローマ字で「あ」と「お」をかくと、a o だけど、えいごでは、さかさまみたい。
どうしてかわからないけど、そういう風に音が変わっちゃったんだよね。きっと、そのうち慣れるよ!ちなみにフランス語ではau は「お」って読むんだよ。
ふーん。
“fork”
fork
フォーク
“corn”
corn
とうもろこし
“born”
born
うまれた
“north”
north
きた
“storm”
storm
あらし
“force”
force
ちから
“horse”
horse
うま
“sports”
sports
スポーツ
“shorts”
shorts
はんズボン
“sauce”
sauce
ソース
“audio”
audio
オーディオ
“pause”
pause
いちじていし
“August”
August
8がつ
“author”
author
さくしゃ
“autumn”
autumn
あき
“launch”
launch
はっしゃ
“laundry”
laundry
せんたくもの
“haunted”
haunted
おばけのでる
“jaw”
jaw
あご
“paw”
paw
どうぶつのあし
“saw”
saw
のこぎり
“draw”
draw
えをかく
“claw”
claw
どうぶつのつめ
“raw”
raw
なまの
“lawn”
lawn
しばふ
“yawn”
yawn
あくび
“straw”
straw
ストロー

スーパーファジーな解説

  • or の音ですが、アメリカ式でも舌は巻かない(どちらかというと舌を後ろに引く・盛り上げる感じ)という人もいます。大事なのは、巻きすぎない、舌の先頭が歯や歯茎につかない、ということ。舌を巻きすぎると、音がこもって、桑田佳祐みたいになっちゃうんですよね。
  • au aw は、舌を巻かずに、「おー」と伸ばすだけ。
  • storm というと、台風のような暴風雨をイメージしますが、強い風が吹くだけ、ちょっと雨足が強いだけでも立派な storm です。
  • 日本でショーツというと、なぜか婦人物の下着を意味しますが、shorts はただの短パンのこと。
  • ロケットの打ち上げ以外に、新製品、新発売や、新サービス開始というときによく使われるビジネス言葉が launch。「ローンチ」と発音自体は難しくないはずなのに、ローマ字に引っ張られて「ラウンチ」や「ラーンチ」って、言いたくなっちゃうんですよね。ご注意ください。
  • claw 、猫やタカの爪はわかるのですが、カニのハサミも claw なんです。
  • draw には、ものを引っ張る、とか、くじを引くという意味もります。
  • augh で「おー」になる言葉。
    ► caught ► taught ► naughty ► daughter
  • 過去形が ought で終わり、「おー」の音になる動詞。 いろんな gh のつく言葉、おまけにまとめておきました。
  • aw が付いても、away とか awake のように a-way a-wake のように音節が分かれるときは当てはまりません。