いー  y  ey

“y=いー。それだけ!”
あと y は「あぃ」って発音するときもあるの、覚えてる?
は〜い。
“baby”
baby
あかちゃん
“very”
very
とても
“happy”
happy
うれしい
“puppy”
puppy
こいぬ
“candy”
candy
あめ
“many”
many
いっぱい
“key”
key
かぎ
“money”
money
おかね
“valley”
valley
たに

スーパーファジーな解説

  • 赤ちゃん言葉は y ie で終わって「いー」という音になることが多いです。例えば blanket blankie とか blanky (ブランキー)に。 bird birdie (バーディー)に。
  • candy というと飴のことかと思ってしまいますが、チョコレートやグミも英語ではキャンディと呼ばれています。
  • ロックで「ベイベー!」とかけ声(?)が入ることがありますが、確かに英語の「いー」の音、日本語の「い」の音よりもちょっと「え」に近いこともあります。たとえばロンドンの下町なまりのコックニーでは「いー」の音は「えぃ」と発音します。(もちろんそんなの知らなかった私)

    以前ロンドンに住んでいたことがあるのですが、ある時、配管屋さんを呼ぶことに。"Where's the K?" と聞かれ、ん?ケィってなに ( ゚д゚)What's K??????

    「お前、そんなのも知らないのか!?」とあきれたおじさんが「ケィだよ、ケィ」ってポケットからじゃらじゃら鍵を出してきて、やっとわかりました。
    ってそれ key キーーーでしょっ!(このとき初めて、英語にも方言があるのを知りました・・・)
  • ちなみにかけ声で言うと「ヘイ!」は hey と書きます。( hay は家畜の餌にする干し草のこと)
  • 「シリコンバレー」に「谷」はありません。英語の valley は厳しい山に挟まれた狭い「谷」というより、日本語の「平野」「盆地」のような、平らで広い土地を表すことが多いからです。